ご挨拶

院長 金井 良浩

私は幼少期を藤が丘で過ごし、こどもが好きなことから小児科医になりました。

小児科医になってからは藤沢市民病院、横浜南共済病院、横浜市立大学附属病院に勤務。特に藤沢市民病院では恩師や後輩、スタッフに恵まれ、そして多くのこども達から小児医療を学ばせてもらいました。感染症や外傷などの救急医療、集中治療、重症心身障害児のケアや在宅医療、アトピー・喘息・アナフィラキシーなどのアレルギー疾患、夜尿症、けいれん、不登校における心理的なフォローなど担当しました。

こどもは感染症が多く、1日の中で、時間単位で症状の変化が起きます。またそれを素早く感じ取る、的確に評価することが大切だと考えております。

重症心身障害児や医療ケア児の医療は多くの支えの中で成り立っています。訪問看護などが充実してきている中、医療資源はまだ足りていないように感じています。日常的な訪問診療や往診で、入院や通院の負担やリスクを軽減し、ケアが必要なこどもを支えていきたいと考えております。

アレルギーは体質であり、うまく付き合っていくことが大切だと考えております。幼児期は特にスキンケア。喘息は発作頻度、重症度に応じた発作予防。食物アレルギーに関しては適切な評価、また負荷試験により積極的に摂取し、将来的に食事の制限が可能な限り少なくして、安心して日常生活を過ごせるようにしてあげることが大切だと考えます。

予防接種は個人の予防ももちろんですが集団免疫が一番の利点だと考えます。予防接種の多くはその病気を100%かからないようにするものではありませんが、皆が予防接種で免疫を獲得することで、罹患すること自体を予防することができる。集団生活を行うこどもにとって、なくてはならないものだと考えております。

成長は十人十色。おおらかな子、こわがりな子、おおざっぱな子、几帳面な子、自分の子どもを見ても全然性格は違います。そして、親にも個性があります。医療者として様々な角度から支え、また自分も勉強する姿勢で向かいたいと思います。

藤沢市民病院では外科系(けが、肘内障など)も小児科で診療しておりました。専門機関受診可能な時間はそちらをお勧めします。そうでない場合は当院でも処置を行うことが可能ですのでご相談ください。

これまで経験し学んできたことを還元し、少しでも子こどもたちの健康に貢献できたらと思っております。

略歴

2011年 聖マリアンナ医科大学卒業

2011年 聖隷横浜・三方原病院研修医

2013年 藤沢市民病院 こども診療センター

2014年 横浜市立大学附属病院 小児循環器・新生児

2015年 横浜市立大学附属市民総合医療センター 小児神経

2015年 藤沢市民病院 こども診療センター

2019年 横浜南共済病院 小児科

所属

日本小児科学会 小児科専門医

NCPRプロバイダー